2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週土曜、実家へ行ってきた。


1355594865_1.jpg


朝、父から電話があって

探し物が見つからないから誰か来てくれと言う。


頭はだいぶ回復した父だけど

目が見えづらく小さいものは探しづらいらしい。


遅めの昼食後、お子たちに相談したら

その日は13時まで仕事だった長女


「今から行こう。」


日曜は6日ぶりの休みだけど

月曜は仕事だからゆっくりしたいので

これから行って帰ろうと言う。


ってなワケで、

15時ごろから二女も一緒に3人で出かけた


私は確か…3ヶ月ぶり? (記憶が定かでない)


で、探し物はすぐに二女が見つけて一件落着。


私はコタツムリしながら父の話し相手をしたり

タンスの中を入れ替えたりした。


最後に行ったのが多分9月のはじめだったから

タンスに貼った紙は「半そでシャツ」とか「半ズボン」


父「二女がしてくれたんじゃけぇ勝手に変えちゃあいけまぁ思うてのぅ」

私「二女じゃのうて私がしたんよ」

父「ほうか。そりゃあ変えるんじゃった。」

私「二女には遠慮して私にはせんのんかい」


10月に二女と長男が行ったとき

冬物衣類は大量に買って持たせたのに

出しやすい位置には夏物が入ったままだった。


数は少ないので入れ替えて

紙は張り替えて

またコタツムリ。。。


父「デイサービスに行ったらのう、女の人が多いのう。」


私「そりゃあな、普通は男が先に死ぬけぇな。

  お父ちゃんは順番間違えたんよ。

  あ、順番間違えたんはお母ちゃんの方じゃな。」


父「ほうよ…。

  年のいった女の人が多いけぇのう、わしが行きゃあ喜んでんじゃ。

  若いけぇのう。」


私「そっか、90くらいのおばあさんからみたら

  息子みたいなもんじゃもんなぁ。」


父「わしがはよう帰るけぇのう、もっとおってくれぇ言うてんじゃ。」


私「それじゃあ、それを仕事にしんさい。」


父「話し相手をすりゃあええんじゃけぇのう。」



部屋の中の家具は使いやすいように移動してあった。

父が自分でしたと言う。

度々電話してくるので様子はわかっていたが

思っていた以上に元気だ( ̄▽ ̄;


父「誰も嫁にゃあ来てくれんじゃろうのう…」


私「お母ちゃんが化けて出るで。」


長女「ばあちゃんならホンマに化けて出そうなね。」


気になることはいろいろあったけど

体はしんどいし

あれやこれやとキリがないので…


ま、いっか。。。


長男が運んだこたつ布団はちゃんと使ってるし

ヒーターも出して暖かくしてるし

朝夕はヘルパーさん来てくれるし

週2回デイサービスに行ってるし

近所は昔から馴染みの人ばかりだし…


脳出血と脳梗塞やったからちょっと変になっとるけど

68歳はまだまだ若い。


ちなみに、同じ歳に生まれた有名人は

宮崎駿・徳光和夫・萩本欽一・石坂浩二・渡哲也…(敬称略)


ね? 若いでしょ? 24歳の孫がいるんだから(^^;



2時間ちょっとの滞在で

とっとと帰途につき

21時頃に帰宅した。



バテバテでしばらく横になって

それからお風呂入ってたら

いきなり涙スイッチON(;_;)




お母ちゃん、

お父ちゃんはひとりでなんとか生きとるよ。。。



広島ブログ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。