FC2ブログ

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤穂浪士討ち入りの夜だそうで

今日は昼間から三女の忠臣蔵まつり(^^;


ピグも江戸時代風にしてみたw




昼間は戦国鍋TVのDVD

AKR四十七の放送分とメイキング鑑賞



夜はテレビ各局の忠臣蔵ネタ番組をハシゴテレビ


そもそも、三女が忠臣蔵に興味を持ったきっかけは

今年の初めに放送された連ドラ『学校のカイダン』で

俳優の間宮祥太郎くんを気に入って

過去の出演作品に

以前、長女がハマってた『戦国鍋TV』のミュージックトゥナイトで

AKR四十七(赤穂浪士)というユニットの

堀部安兵衛役で出ていたことに始まる得意げ

(ちなみに私は大石内蔵助役の村井良大くんがお気に入りラブラブ






で、

時はさかのぼること30数年前


実は私も

13歳の春、忠臣蔵にハマった時期が

わずかながらあったにひひ


きっかけは

その1年前に始まった『2年B組仙八先生』で

(“腐ったみかん”で有名な金八第二シリーズの後番組)

前川克也役のジャニーズが気に入ったことに始まる得意げ


1年間の放送の中で彼は生徒役では一番重要な位置にいた。


そして、放送後の春

シブがき隊のヤッくんとしてデビュー


ちょうどその頃

大河ドラマの出演


それが『峠の群像』という赤穂事件の話で

浅野内匠頭とは逆に

吉良上野介から ひいきされる若い大名の役だった。


出番は松の廊下までのわずか数話だったけれど

それがきっかけで

初めて大河ドラマというものを

マジマジと1年間観た・・・ような気がする。



そして時は流れ

今年、再びわが家に忠臣蔵ブームがやってきた。


多分、私も三女も

好きとか嫌いとかじゃなく

そのストーリーから垣間見れる

時代の背景とか人間模様


そして、ドラマや映画数々の作品と

歴史資料に基づいた真実


…ま、もちろん

本当のことは誰にもわからないけれど


なんかぼんやりと

そういうものに興味を持ったんだと思う。


多くの映像作品や

真実に迫ろうとする番組があるから

いろんな角度から考えることができるこの話


切腹じゃことに

バカな時代があったもんよなぁ~


と、思ったが


大昔の話ではない。


わずか70年前まで

日本はそういう時代だったんだ。


ふと、そんなことも頭をよぎる今日この頃





広島ブログ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubononaka09.blog34.fc2.com/tb.php/706-a5d24298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。