2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月22日(日)の朝は

宿泊した岡山のホテルでゆっくりすごした。

素泊まりだったので

前日に用意しておいたコンビニのサンドイッチとコーヒーで

簡単な朝食を取り

チェックアウトぎりぎりまで体を休ませた。


前日の夕飯同様に

友人Cちゃんが迎えに来てくれてホテルをあとにした。


向かったのはハイリスク対応の産婦人科専門病院。

Cちゃんと共通の友人Tちゃんの出産祝いに行くのが目的。


それぞれ年齢の違う私たちが仲良くなったのは

入院中に同室になったのがきっかけ。

つまり、病友さん。


Tちゃんが体の悪い状態で覚悟の妊娠をし

無事出産できたことは心から嬉しい。

全室個室なので

Tちゃんの部屋でゆっくり赤ちゃんと対面。


泣くつもりはなかったのに

新しい命の満ち溢れるパワーに感極まって

思わず、うるうる。。。(;-;)


「この子のために、ねえさんが泣いてくれるなんて…

 うちまで泣けてくるがぁ~(つ△;)」

と、Tちゃんまで泣かせてしまった。


いろんなことわかって生まれてきたんだから

きっと優しい子に育つよね。

久しぶりに触れた新生児の輝きに癒された

とってもとっても心地よい時間だった。


その後

せっかく岡山へ行くんだからと

あらかじめ連絡を取っておいたかんちゃん

病院の駐車場まで来てもらって

Cちゃんと3人で昼食へ。


かんちゃんと出会ったのは

直接のきっかけはブログだけど

コープCSネット(生活協同組合連合会コープ中四国事業連合)と

生協ひろしまの職員さんたちという

直接知ってる人たちとつながっていたので

初めてオフ会で会ったときから警戒心なく打ち解けられた

とってもおもろいオッチャン…じゃなかった

とっても優しいお兄さま♪(笑)


あとから考えたら

直接会うのは実に5年ぶりだった。

午後はそれぞれ予定があったので

ゆっくりとは話せなかったけど

美味しいうどん屋さんに案内してくれて

セルフのお店だったので

自分のと一緒に私のトレイまで運んでくれた。

岡山のセルフうどんは有名だそうで…

友人は多いのになかなか行く機会のない岡山のこと

ホント全然しらないなぁ~って思った。


昼食後、Cちゃんと別れ、

かんちゃんが午後に会う予定の友人と会えるよう

わかりやすい場所まで送ってくれて

私は無事地元の同級生Nちゃんへ引き渡された(笑)


相変わらずおもろいオッチャン…じゃなくて

とってもとっても優しいお兄さま。

また会える日を楽しみにしておりまーす(^-^)


そこからは帰りのJRまでNちゃんタイム。

同級生で幼なじみのNちゃんと30年ぶりに再会したのは

一昨年の同窓会。

それから連絡を取り合って

「会いたいねー」

「ゆっくり話したいねー」

と話しながら

ようやく1年半ぶりの再会となった。


お茶しながら昔話に花が咲いた。


高校を中退して結婚した私。

みんなより先に子育てに明け暮れていた。


同級生たちは地元の高校を卒業すると

それぞればらばらになって

進学・就職・結婚…

話したくなかったわけじゃなく

これまで会う機会や話す時間がなかった。


30年分の時を埋めるかのように

かなり濃い話もいっぱいできて

本当に楽しい時間だった(>▽<)


帰りのJRは

ちょうど一日に一本しかない

乗り換えなしの便に間に合って

それも不案内な岡山駅構内を

Nちゃんが連れて歩いてくれて

乗り場を駅員さんに確認してくれて

電車が到着したら私より先に乗り込んで

席の確保までしてくれた。

(自由席のみの列車だったから)


車窓越しに笑顔で手をふってくれるNちゃんの姿に

涙があふれそうになるのをグッとこらえながら

私もおもいっきり笑顔で手をふった。



こうして、

行く先々で心優しい人々に助けられるという

本当に恵まれた二泊三日の旅を終え

体はふらふらヘロヘロ状態

でも心はとってもあたたかく穏やかに

無事帰宅することができた。


その後、三日間寝込んだ後

四日目に病院へ。

これはいつもの週一通院。


たくさんの素敵な思い出に包まれながら

元の隠居生活に戻った。


今回の旅でお世話になったみなさん

ホントに、ホントに、ありがとう!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。