2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07


気づけば2月になり、立春が過ぎて…

でも、今日は真冬日で全身が痛む(T-T)

とりあえず、去年の出来事を書くのはこれで締めくくろうかな。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


10月の下旬

初めて近所の総合病院へ1人で歩いて行った。


Googleマップで見たらうちから800m

引っ越してきて5年半

用がないから近所だけど行ったことがなかった。


バス通りを歩いていると建物が見えたので

うろ覚えのマップを頭に浮かべ近づくと

近くの家の陰になって見えなくなった( ̄д ̄;


方向は合ってるはず…と適当に歩き、

入口を発見してたどり着いた。

ちょっとしんどかった。


名前の割にはちょっと小さめ?

県北の総合病院よりかなり小ぢんまりで昭和な建物

玄関に院内の地図…じゃなくて、

なんて言うんだっけ?案内図??

コンタクト入れてても見えづらい目で

じぃーーーっと見て確認

初めての場所はかなり苦手だ。


気持ち的にじゃなくて、

脳みその働きが悪いのを実感する。

血液内科のある病院へ行ったときもそうだった。


やっと受付を把握し

「初めてなんですけど…」

前の病院でもらった受付表と紹介状を渡した。


院内もおもいっきり昭和な感じ


ファイルを渡され

「これを持ってあそこの内科受付へ行ってください。」

「え?すみません、見えないんですけど…」


たぶん、ぼんやりとは見えていた。

脳みそが把握してない。

目の前にあった。


そんなこんなで内科の受付をすませ

待ち時間はわりと短く、すぐに名前を呼ばれた。


内科医N先生にはじめましてのごあいさつ

N「こんにちは。

  ・・・ひとりで来られたんですか?」


優しい感じ、私よりちょっと年上かな、

でも、なんだかお年寄りに接するような

ちょっとバカにされてるような気がした第一印象


2006年からお世話になってる総合病院→

血液内科のある大きな総合病院→

そしてこの病院


2ヶ所の病院から渡された書類の中には

私の情報がいろいろ記載されているので

N先生の目に最初に留まったのが

「高次脳機能障害」という文字だったらしい。


話をするうちに口調が普通な感じになって

印象も良くなってきた。


血液検査を受けた結果

前回の瀉血から2週間経っていないこと

経過が悪くないことから

今日は瀉血せず来週にということになった。


脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)や

高次脳機能障害について

いろいろ聞かれて

質問されたことに答えて

わりと理解を示してもらえたので良かった。


この古ぼけた病院へ通うことになるんだなぁ~


瀉血なかったから帰りも歩いた。

かなりバテてしまった。。。ミ(o_ _)o


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


こんなふうに備忘録は書いておいた。


この時点では

弟たちには伝えていたんだけれど

大学の寮で暮らしている息子には

多血症のことを話していなかったからだ。


検査の結果、急いで伝えるようなことじゃなかったので

息子が年末に帰省したときゆっくり話した。


その後、ブログを再開しようと決めていた。


今回のことで出会った医師に

いろいろ話しながら思ったんだけど

やっぱブログやSNSやってて良かったわぁ~

これまでのこと記録できてるもん。


自分じゃすぐ忘れるし

手で文字をたくさん書くのは無理なので

こうしてパソコンで記録しておけるのは便利だ。

これからも良い形で利用していこうと思う。



【おまけのエピソード】


息子が帰省していても

体調の悪い日が多いから

お昼はふたりでカップ麺ってこともあった。


体調が悪いと頭の働きも悪くて

食べるのも喋るのも下手になることがある。


上手く食べられなくて

ピシャって、汁が顔にちってしまった。


私の口から出た言葉は

「目が汁に入った。」


息子、涼しげな顔で

「はよ、元に戻さにゃあ。」


・・・( ̄- ̄;


わが家はいつもこんな感じ。


年末ギリギリには東京の弟もやって来て

紅白を観ながらあーだのこーだの

お医者さんのOKもらってるから

一緒にお酒を飲みながら

いつも通り

楽しくにぎやかな年越しだった。



さて、次回からは

ようやく通常の投稿に戻れる

・・・と、思う(;^^A


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析