2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

早いもので、あの日から丸1年

父と母はクリスチャン


世間一般の一周忌とか三回忌とか?

そういうのがわが家にはないので

NYの弟も東京の弟も帰ってこない。

なんかちょっと寂しい。


宗教色はなくても

他の家のように

丸1年の日くらい

家族が集まって

泣いたり笑ったりしたかったな。


今夜はわが家で

いつも通り

私と子どもたちで

じいちゃんの思い出話でもしようか。


母が亡くなったときは急だったせいか

私はマジうつ状態に陥った。

一方、父のことですったもんだし

挙げ句、父にとっては不本意な形で

わが家に引き取って…

途中からは母のことで落ち込んでるヒマがなかった。


でも、度々

母を感じていた。


私が休んでいるベッドの淵に座っていたり

廊下を歩いていたり

お風呂に入ってると脱衣場にいたり…


霊感なんかない。

っていうか、幽霊とかって全然信じてない。

そんなもんより生きてる人間の方が怖いから。


でも、なぜか母はいつも私のところに来ていた。

父が心配だったのかな?

父を迎えに来てたのかな?


父が亡くなってから

母は一度も現れない。

それどころか父も全然来ない。


行ったことないから知らんけど

もしもあの世とやらがあるのなら

この世では持てなかった

ふたりきりの穏やかな生活を

楽しんでるのかもしれない。


父がいなくなってからの1年は

マジうつっていうより

常にプチうつって感じかな。


同世代ですでに親を失った人は

わりとたくさんいる。


超高齢化社会も今がピークで

その下の年代は弱いのかもしれない。


数日前、

祖母が昨年12月に亡くなっていたことを

偶然知った。


幼少期、一緒に住んでいた祖母

父の養父の後妻だけど

私がその事実を知ったのは中学生のとき

それまでは実の祖母だと思ってた。


母が亡くなったとき

父は病で介護が必要な状態だったから

認知症が進み施設に入れていた祖母のことは

祖母の実の娘たちに任せた。


血縁はなくても

叔母・姪という付き合いをしていたつもりだったのに

祖母が亡くなったことを連絡してこなかったということは

もう、私たちとは親戚付き合いをしないということなのだろう。


去年8月

私と子どもたちみんなで会いに行けて良かった。


こうして文字通り

まだ若くてピチピチ(?)の私が

家族の中で最長老になってしまった。


来週また入院。

またあの痛ぁ~~い注射をブスブスしたり

背中に太い針刺されるエアパッチしたり…


でも、また少し

元気になるよ。


少しずつ少しずつ

わずかな一歩一歩だけど

回復していくよ。


一家の最長老だからといって

まだまだ老け込む年じゃないし。


次に家族が集まるのは

誰かの結婚式じゃ~!


次は誰だろ??

東京の弟?

うちの長女?


ん~

やっぱ、私が先に…


その方がみんな安心するよねぇ。

でも、現実は全然うまくいかず…

相変わらず夢見る乙女な最長老なのであった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析