2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は母の命日。

命日って「命の日」って書くんよね。

ここのところそれを想い

プチうつが襲ってきたりなんかしてた。


そんな昨日はちょうど、

お盆期間中唯一

姉ちゃんズの休みが重なった。

長女の車は軽なので4人しか乗れない。

若いもんら4人で墓参り行ってくれ~

って思ってたら

うちから30分くらいのところに住んでいる

二女の同級生Mちゃんが車を出してくれると言う。


ありがた~い!


「んじゃ、ママも行くぅ!」

と、朝になって急に決まり

2台の車で6人で地元へ向かった=3=3



まず、途中の町にある老人施設へ。

すごく久しぶりに祖母に会いに行った。


92歳

叔母から話は聞いていたが

状態は思った以上に悪く

横たわったまま固まって動かない。


触っても声をかけても反応なし。


目も口も半開きで…

でも、肌の色艶だけはやたらイイ。


娘たちによると

「胃ろう」をつけられてるんじゃないかと…


それについては最近問題になっているけれど

母が亡くなり、父も亡くなり、

祖母のことは叔母たちに任せてあるので

何とも言いようがない。


ただ、人としてあまりにも不自然なその姿に

母も 父も

良い逝き方をしたんだと…


そんなふうに感じた。


少し早かったけどね。





そんな複雑な気持ちを抱え

更に北へ=3=3



地元に着いてまず始めに立ち寄ったのは

来年解体されるという

我々6人(私たち母子&Mちゃん)の母校。


校長先生がいらしたので

校舎の中に入らせてもらえた。


両親、私たち姉兄弟、私の子どもたち、

戦時中に建てられたという

三代が通った思い出の校舎だ。

576091_354518384628480_484865005_n.jpg


廊下に立つと

幼い頃の記憶と

子育ての記憶と

いろいろ入り混じって

ワケがわかんなくなりそう(^^;


でも、なんだか、おもわず

うるっっっ(つ_;)、、


良い時間だった…。




そして、お花を買い

父と母を入れてある

教会の納骨堂へ。


納骨のとき私は行けなかったので

父と母を入れてからは初めて訪れた。


石碑に刻まれた文字を見て


ああ、ここに入ってるんだな…


涙が溢れ

しばらく静かな時間が過ぎた。



でも、不思議と

骨はここにあるのに

父と母はいない気がした。


天国とか、あの世とか、

本当にあるのかどうか

行ったことないからわかんないけど


そういう場所があるんだとしたら

きっと今頃は

私たちのことなんかもう気にせず

ふたりでラブラブにしてるんだと思う。


この世にいたときに持てなかった

ふたりの時間を

楽しんでるんだと思う。




生きてる私たち

美味しいものが食べたくなる。


この機会にと

長女が思いついて足を伸ばしてくれたのは

地元より更に山奥にある

アイスクリーム屋さん

NEC_0082.jpg


子育て時代

スーパーの安いアイスを2回ガマンして

3回めに食べに行ったのがここ(^^)


今まで食べた中でここのアイスが一番美味しいと思う!


策越しに牛と見つめあいながら食べるのが醍醐味

…だったんだけど

今はずっと手前にロープが張ってあって

牛が見える場所は立ち入り禁止になってた。


でも、アイスの味は昔と変わらずとっても美味しい!


母と一緒に来たこともある。


父とふたりで来たこともある。


従業員らしき女性に訊いてみた。

「昔、ここにおられたお父さん、お元気ですか?」


すると、少し考えたような表情になり

「…。実は、4年ほど前に亡くなったんです。

 今は奥さんと私と他の従業員とでやってるんです。

 今日はちょうど奥さんお休みで…。」


「あ…、そうでしたか…。

 昔、親と来たことがあって

 母は3年前に、父は今年亡くなったんですけど

 父とふたりで来たときに

 ここのお父さんと父が初対面なのに

 会話がはずんで楽しそうだったのを思い出しまして…

 お墓参りのついでに足を伸ばして来てみました。」


「そうでしたか…。

 ここのご主人

 一見、怖そうな感じだけど

 話し始めると優しい良い方でしたから…。」




あのときの父たちの会話


「ええことを思いついちゃったですなぁ~」


「はぁ…」


最初はちょっと無愛想な感じだった

アイスクリーム屋のお父さん


「元々は何をしょうっちゃったんです?」


「わたしゃあねぇ、

 こっち(乳牛の牛舎を指して)が本業なんですよ。」


急に笑顔になってしゃべり始めた

アイスクリーム屋のお父さん


父よりちょっと年上な感じだったなぁ…


ちょっとしんみりした空気にもなったけど

美味しいアイスクリームを食べて

ちょっとした思い出話もできて

ここでも良い時間を持てた。



県北の美味しい空気と

いろいろな思い出に触れて

ゆったりとした時間が

プチうつを洗い流してくれた。



またゆっくりのんびり

生きていこう。



そんなふうに思えた。



広島ブログ


運転手の長女とMちゃん

連れてってくれてありがとう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。