2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリスマスキャロルの思い出」の続編


子どもの頃

家庭内で祖母による軟禁状態だった私は

一つ屋根の下に居ながらも

両親と弟たちと過ごす時間が極端に少なかった。


そんな中、1番楽しみにしていたのは

毎年12月25日に教会で行われるクリスマス祝会

前夜に続いてこの夜も教会に集う。


夜7時半になると電気が消され

たいちょー(牧師兼園長先生)の大きなろうそくから

それぞれが1本ずつ持ったろうそくへ

火が移されて次々と灯っていき

キャンドルサービスが始まる。


田舎の小さな会堂は

幼心にも感じる

独特な空気に包まれる。


たいちょーのお話を聴いて

みんなで賛美歌を歌う。


厳かな雰囲気で…


が、しかし

毎回1人はいたように思う

前髪焦がしちゃうやんちゃな子が(^^;

火傷とかは記憶にないけど…。


20分くらいのキャンドルサービスが終わると

紅茶とケーキとみかんが配られ

祝会が始まる。


幼児園の発表会を兼ねたような面もあるけれど

特に猛練習をしたわけではなく

普段のお遊戯や

普段の園での生活で習った

クリスマスのおはなしを演じる簡単な劇など

1歳~6歳までの園児が

可愛く楽しく賑やかに。。。(^^)


小学生の歌や演奏や劇をやった年もある。

私も幼馴染と一緒に

聖書を朗読したりとか

鍵盤ハーモニカを演奏している写真あったような…。

うろ覚え(;^^A


会が終わると私だけ家に帰されて

弟たちは片付けを終えてお茶をする両親と一緒に

教会で遅くまで遊んでた。。。らしい


最後まで一緒に残っていた年もあったような…

それもうろ覚え(;^^A


とにかくまぁ

楽しい時間を過ごした後は


また鬼婆ばあちゃんに

うだうだうだうだ言われるわぁ~(T△T)


って、憂鬱になっていたのは覚えてる。。。


xmas_009.gif


わが子の頃も

毎年クリスマス祝会が行われていた。


幼児園の園児数はその年によって変わる。

一番少ないときで9人

一番多いときで22人だったような記憶が…


20人を超えると

牧師夫妻が2人で面倒をみるのは大変なので

当時専業主婦だった私が

必要に応じて助っ人に入るようになった。


牧師兼園長先生はずっと

「たいちょー」って呼ばれている。


幼児園が出来た頃にあった

ボーイスカウトの隊長をされていて

お兄さんたちが「隊長」と呼ぶのを

園児たちが真似たのがきっかけらしい。


それからずっと「たいちょー」

今でも私やうちの子たちは

引退して関東地方にお住まいのこの先生を

「たいちょー」と呼んでいる。


あ、そうそう

脱線したけど、クリスマス祝会の話ね(^^;


保護者となった私

クリスマス祝会のときは

園児席(親とは離れて座っている)のそばに付く。

N子先生(保母・牧師夫人)のサポート役として

キャンドルサービスのときや

ケーキを食べるとき

途中でトイレに行くときなど

わが子には手がかからなかったので

他の子の面倒をみていた。


父母会の出し物もある。

歌だけの年もあったけど

保護者の数が増えると

中には張り切るお母さんもいて

内容もいろいろで楽しくなった。


人形劇をやったり

紙芝居をやったり

ブラックライト当てて光らせてやる紙人形劇?

とかもやったなぁ。。。



こんな感じで

クリスマスは教会で過ごすのが

あたりまえな人生を送ってきた。


その後

牧師夫妻の年齢的な限界もあって

幼児園は約30年という歴史に幕を閉じた。


教会員は減少し高齢化もして

クリスマス祝会も一旦はなくなった。


お世話になった牧師夫妻が引退され

関東地方へ転居された後

私は脳脊髄液減少症で寝たきりに…


敬虔なクリスチャンだった母は

ほぼ毎週欠かさず礼拝に通っていたようだけど

私は教会との縁が次第に薄くなった。


正直言うと、

たいちょーとN子先生は

親代わりとして今でも慕ってはいるのだけれど

キリスト教に対して信仰心があるのかと訊かれたら



無いように思う。


今は、無宗教状態

と言う方が正しい。


でも、幼い頃の思い出や

子育て時代の思い出は

いろんな出来事を全部ひっくるめて

大切な宝物だから

心から感謝の気持ちでいっぱいなんだ。。。


広島ブログ


低気圧の影響で痛みや痺れがある(><)

昨日ほど酷くはないんだけど…。

ボケボケ頭でだらだらと打った文章

支離滅裂になってたりなんかして…(;^^A

コメント
この記事へのコメント
へぇ
宗教の事はよくわかりませんが、キリシタンじゃないクリスチャンのクリスマスの様子はなんとなくわかりました。やはりイメージとして海外映画が浮かんできますが。(笑)
2010/12/22(水) 21:12 | URL | 柿辰丸 #xfEiCw62[ 編集]
☆柿辰丸さん☆
海外映画ですかぁ!?

舞台は県北東部の田舎町で

出演者はめっちゃ備後訛りの広島弁ですけど(笑)
2010/12/22(水) 23:02 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
No title
素敵な思い出ですね。
確かに今は宗教との距離はあるかもしれないけれど、
経験されたことはどこかで生かされていませんか。
2010/12/23(木) 00:50 | URL | さゆりん #-[ 編集]
☆さゆりんさん☆
経験が生かされてるのかどうかはわからないけど

私という人間を作っている大きなもののひとつです(^^)
2010/12/23(木) 17:01 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。