2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
xmas_009.gif


1歳8ヶ月のとき

地元の教会にできたばかりの

付属幼児園に入園した…らしい。

覚えているワケがない(笑)


物心ついた頃はすでに毎日そこへ通う生活で

自営業の両親に代わって

昼間は牧師夫妻が親のような存在だった。


世間はどうだか知らないけれど

クリスマスイブにはキャロル

クリスマスには祝会があたりまえだった。


毎年12月24日の夕方

6時か6時半だったかな…

早めの夕食をすませ

子どもたちが教会へ集まって

クリスマスキャロル子どもの部が始まる。


幼児園の園児・保護者、

毎週日曜の子ども礼拝に通う小中学生、

教会員のお世話係の人、


当時、何人くらいいたんだろう?

田舎の小さな教会だけど

そこそこ集まってたように思うんだけど…


まず、教会の玄関前で1曲歌う。

こどもさんびかの中のクリスマスの曲。


♪きよしこのよる

♪おほしがひかる

♪そらにひびくかねが


手にはろうそくを持って

寒かろうと雪が降ろうと

みんなで元気に歌う。


それから教会の敷地を出て

銀行の前で歌う。


1曲歌い終わると

「メリークリスマス!!」


そして次の場所へ移動。


あと…どこで歌ってたかな???

あ~思い出せんっ(--;


そうそう

最近ちょっと話題だった

三○荘の前でも歌ってたっけ。。。


夜の外出という

(子どもにとっては)めったにない

楽しい行事のひとつを終えると

帰宅してお風呂に入って

夜8時には強制的に寝かされる。


2階の部屋でひとりベッドの中にいると

8時半頃かな

外で大人の声ががやがやと近づいてくる。


あ、父ちゃんの咳払いじゃ。


クリスマスキャロル一般の部

父も母も参加し

教会の大人たち(子ども目線ね)が

歌い始める。


毎年うちの前で歌ってたのか???

見たことはないので場所は知らないけど

とにかくまぁ

うちのすぐそばで歌ってる感じだった。


51dAI7H-iOL__SL500_AA300_.jpg


地元に住んでいた私。

うちの子たちも幼児園に通わせた。


その頃にはもう

人口がどんどん減って

教会へ通う人も少なくなっていた。


クリスマスキャロルは

子どもの部と一般の部を合同にして

1回だけ行われるようになった。


寒波の年には

タイツを2枚重ねた上からズボンをはかせ

下着とTシャツとセーターと上着

手編みのマフラーと帽子と手袋


ろうそくを手に持ちながら

子どもたちに持たせたろうそくが

髪の毛や歌詞カードを焼かないように気を配り

街角に立ってみんなで歌った。


子どもの頃も

子育て時代も

毎年あたりまえのように

行っていたことなんだけど


今、思うと

とってもなつかしい。。。


私が子どもの頃

一緒に歌っていたみんなは

元気にしているのだろうか

その後どんな人生を歩んだのだろうか


うちの子どもたちと一緒に

歌っていた子たちは

元気に成長したのかな

どんな人生を歩んでいるのかな


そのうちの1人は

なぜか今

うちの里子として

わが家で一緒に暮らしているけどね(^^)


広島ブログ

コメント
この記事へのコメント
三十数年経った今でも…
(当時の)牧師の息子Mと、わしとの間で一致すること。

クリスマスに食べたいものは?

小○風○堂のケーキ
2010/12/20(月) 13:24 | URL | Hisa #KlrpNzz2[ 編集]
☆Hisa☆
じゃな(笑)
2010/12/20(月) 13:37 | URL | アクビ #-[ 編集]
10年前
イブに子供のプレゼントを枕元に置き、子供より早く起きてビデオカメラをセットし、子供が起きた時のリアクションを撮影していたなぁ~。
まぁ見事なほど予想通りのリアクションではしゃいでいたのを思い出す。
キリシタンって言うのでしたっけ?なんか外国っぽい風景を想像してしまいました。皆、どうしていますかね。
2010/12/20(月) 15:10 | URL | 柿辰丸 #xfEiCw62[ 編集]
☆柿辰丸さん☆
キリシタンって…江戸時代じゃないんだからぁ(爆)

「クリスチャン」(笑)


外国っぽくはないですよw

教会の中はコタツにみかんだったし。


両親がクリスチャンなので

サンタは物心ついた頃から架空の人物でした。

プレゼントも祖母に買ってもらってたし

ケーキは母方の祖母が贈ってくれてました(^^)


うちには毎年サンタがやってきます。

25日の朝、目が覚めたら何か置いてあるの。

どうやら、正体は…長女らしいです(^^;
2010/12/20(月) 15:51 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
No title
アクビさんのクリスマスの思い出なんですね。
同じところに住んでいるから子どもさんたちも同じように経験されているのがいいなと思いました。
今年のサンタさんは何をもってきてくれるでしょう。
2010/12/20(月) 22:23 | URL | さゆりん #-[ 編集]
外国っぽいどころか…
毎年、大人のキャロルの後は、近所のそば屋の婆さん(長年の教会員)が作るうどんで、元旦礼拝の後の昼食会はブリが入った鍋。聞こえてくるのは備後北部の方言。秋には子供集めて、ぜんざいも喰ってたかな…。

唯一、外国っぽかったのは、時々アメリカ人の宣教師が来る時くらいかな。

でも結局、翌日学校での子供同士の会話は、
「昨日、わしの教会に、外人来たんぞ。」
「うそ!? すげぇ!」
2010/12/20(月) 23:42 | URL | Hisa #KlrpNzz2[ 編集]
☆さゆりんさん☆
クリスマスイブの思い出です(^^)

クリスマスの思い出は次に書きま~す!

そうですね、うちは母の実家が近くにあって

私も実家近くの借家に住んでいたので

3世代が同じ町で育ちました。

教会にも3世代でお世話になったので

思い出はいっぱいあります。。。
2010/12/21(火) 10:16 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
☆Hisa☆
やっぱ、あんたの方がよう覚えとる(--;

あったなぁ、ぜんざい食べた食べた(^-^)

母の日はちらし寿司で

花の日はサンドウィッチじゃった。
2010/12/21(火) 10:19 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。