2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3人の娘を育てていた20年くらい前のことを

少し思い出したので書いてみる。


長女は低体重で生まれ、ずっと小柄だけど

大きな病気やケガをすることなく

元気に育ってくれたから

10代の幼い母親だった私でも

そういう意味ではわりと楽な子だったと思う。


二女は生まれつき目が悪く

喘息を起こしやすく

2~3歳の頃には肺炎で何度か入院したし

4歳のときには目の手術を受けたので

生まれてすぐの三女も抱えた私は

体力的に結構大変な思いをしたのを覚えている。

でも第二子だから気持ちには余裕があったかも(^^;



で、ふと思った。


今、育児真っ最中のパパさんママさんの参考に!


…なるかどうかはわからないけど


一応経験者として

ちょっとばかし偉そうに(笑)

小さな子どもに注射をするときの話


ま、あたりまえのことなんだけどね。。。f(^^;


・0歳~1歳児の場合

まだ子どもに話して聞かせても理解できないので

とにかく短時間で終わらせる。

親がオロオロしてたら赤ちゃんに不安が伝わってしまうので

落ち着いて直前まで普通にしている。


そのときがきたら

親は椅子に座り

赤ちゃんの足を開いて向かい合わせに膝に乗せて

注射をしない方の手を固定する状態で

しっかりと体を抱きしめる。


注射をする方の手はお医者さんと看護師さんに任せる。


手こずると怖い思いをさせるのが長引くだけだから

泣いても暴れてもとにかく落ち着いてしっかり抱きしめておく。

そうしたらすぐだから

怖いのや痛いのがほんの少しの時間で終わる。



・2~3歳児の場合

今もなのかな???アンパンマンに夢中な年齢(o^_^o)

簡単な言葉なら理解できるようになっているので


予防接種のときは

「体の中にバイキンマンが入ってこないように

 小さな小さなアンパンマンみたいな

 バイキンマンをやっつける強いお薬を入れてもらうからね

 チクッと痛いけどがんばろうね。」

って、感じで言い聞かせる。



実際、二女が肺炎や喘息で苦しい思いをしていたときは


「○○(二女のなまえ)の体の中にねぇ

 病気にした悪ぅ~いバイキンマンがおるんよ。

 じゃけ、それをやっつけるための薬を

 お医者さんが手にチクッと射して入れてじゃけぇね、

 痛いことしてじゃけどお医者さんは優しいんよ。

 病気治してくれてんじゃけ。

 痛かったら泣いてもええよ。

 ママが抱っこしといてあげるけぇね。

 でも、動いたらもっと痛くなるけぇ

 絶対動いたらいけんよ。

 いっぱい泣いてもええけぇね、動いたらいけんよ。」

  
そう言って聞かせると二女は

病院中に響き渡るんじゃないかと思うくらいの大きな声で

ギャアギャア泣いた(TOT)

でも、私がしっかり抱きしめていると

暴れることなくじっとガマンしていた。

ギャアギャア泣いてるのにじっとしているって

変な光景だった(^^;

こうやって何度も注射や点滴を受けていた。


あれから20年・・・


今の二女はちょうどあのときの私くらいの年

あの頃は

手はかかったけど

素直な良い子だったなぁ・・・( ̄▽ ̄ )←遠い目。


広島ブログ


あ、そうそう、大事なこと忘れてた。


子どもに「痛くないよ~」って嘘ついたらダメよ。

チクッと痛いのが本当なんだから

子どもは親を嘘つきって認識するよ。


それと、普段から注射を脅しの道具にしないこと!

悪さしたときに

「そがぁなことをしょったら注射してもらうで!」

って子どもを脅す親がおるけど、それは絶対ダメ!


お医者さんや看護師さんを悪者にしたら

本当に必要な医療を受けなければいけない状況になったとき

子どもが恐怖心の塊になってしまっていて

かわいそうなことになるから。。。


以上、おせっかいな先輩ママのたわごとでした(^^)

コメント
この記事へのコメント
素晴らしい
これは経験者だからこそ説得力がありますね。そか「痛くないよ」は嘘だもんね。勉強になりました。さっ子供つくろ。(笑)
2010/09/04(土) 11:28 | URL | 柿辰丸 #xfEiCw62[ 編集]
☆柿辰丸さん☆
ホントはあまり偉そうに言える立場じゃないんですけどね(;^^A

そうですね、柿さんなら…
少子化を止めるためにぜひあっちこっちでがんばってください!
養育費しっかり稼がんといけんようになりますね(笑)
2010/09/04(土) 12:00 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
うんうん。。
医療機関で働いているといろんなお母さんがいてます。アクビさんがいうように「注射してもらおか」いうたり、何も言わずに黙ってきてつれてきて注射とわかって暴れる子。子どもっていえばわかるんだしちゃんというて理解させてきてよね。こどもの責任じゃないですよね。
2010/09/04(土) 20:10 | URL | さゆりん #-[ 編集]
☆さゆりんさん☆
年齢や状況でいろいろ違うんだけど
2歳以上になればどんどん言葉を理解していくし
4~5歳にもなれば大抵のことは
わかりやすく話してやれば理解できると思います。

別な意味でわかってくれなくなるのは
思春期以降よね。。。(--;
2010/09/04(土) 23:16 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
点滴は別物
喘息のために次男は、点滴をしました。注射なんて痛くないと2歳の時からいいました。「チクッとするのはちょっとだから」「ぐるぐる注射(←点滴のときは手を添え木にテーピングで固定して点滴するが、回数が増えるといろいろなところに場所変えてするから、短時間ですまない。)は、ヒュウヒュウなくなるけど、ずっ~と痛い><」が口癖だった。
2010/09/05(日) 09:36 | URL | ぴんちゃん #-[ 編集]
☆ぴんちゃん☆
点滴はそうよね、手を固定して時間かかる。
本人は早くはずしたがるしね。

うちの二女の場合は
射すときにじっとはしていても大泣きしてたから
点滴中はほとんど泣き疲れた感じで眠ることが多かったZzzz

目を覚ましてたら本を読んでやったりしてた(^^)
2010/09/05(日) 11:10 | URL | アクビ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。