2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルエンザから回復した長男は

春休みの間に友だちと遊んでくると言って早速帰省(^^;

母と三女がいる実家へ泊まりに行った。

仲良しの子にだけは転校すること話していて

その子と会ってみんなへの手紙を託したそうだ。


あれほど嫌がっていた転校を受け入れた長男を

長女姉ちゃんはめっちゃ甘やかし

ケータイを買ってくれた。

長女「長男の分の月々の支払いは仕送りとは別に私が払うよ。」


友だちみんなへの手紙には

ケータイの番号とアドレスを書いたらしい。

始業式の日、その子にみんなの前で読んでもらうよう頼んだそうだ。


帰省から戻り、長女の車で私と長男は転校手続きに行った。

新しい学校は前の学校の倍の生徒数だ。


その後、長女や二女が長男を連れ歩いて

制服・指定カバン・体操服・靴…

必要なものを揃えてくれた。



私も、私の親も、娘たちも、ずっと地元だったので

転校は経験したことがない。

田舎とはいってももちろん

同級生の中には転勤族の親を持つ子がいたり

親のUターンで転校してきたりとか

いろんなワケあり家庭の子とか

身近に転校生は何人かいたけれど

わが家にはこれまで全く縁がなかった。



家では転校話で盛り上がり

悪ノリした私はついつい


「まずさぁ、前から入って先生に紹介されて挨拶して

 席につこうと後ろへ歩き出すじゃん、

 そしたら後ろの方に座ってるヤンキー系の子が足を出す。

 その足に引っかかってこける。

 胸ぐらつかんでこのヤロ~ッってなって

 殴り合い、椅子や机振り上げる。。。」


長女「いつの時代よ\(--;」


三女「出された足、飛び越えればいいんじゃない?(・。・)」


二女「違うよ、引っかかったふりして

   すばやく柔道の受身で美しく回転するんよ。( ̄▽ ̄)」

(長男は柔道やってる)


長女「出された足のつま先踏んで、何事もなかったように席に着く (--)」


私「小指がいいよ、小指が。」


長男「いいかげんにしろよ。。。( ̄  ̄;」


広島ブログ

つづく。。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。