2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

最後の荷物を運び、新居での生活をスタートさせるのは

長女が連休で私を運んで(?)くれる3月25日と決まった。

中学校の終業式の日でもある。


長男は学校が終わって予定通り何も言わずに

1年間通った学校を後にするはずだった…


そう、その予定だったんだけど


前日、24日のことだ。

学校から電話がかかってきた。

長男が高熱を出して保健室で休んでいるとの連絡。


それから…

記憶が定かでない…

思い出せない…(--;


確か…

学校の先生に病院へ連れて行ってもらったんだったかな???

その後、実家へ送ってもらったんだったかな???


家の方は引っ越し前日ということでどうにもならないので

確かそうしたんだったと思う。


この頃の出来事はグチを書き続けていた某SNSにも記していない。

それができないほど私は辛くて苦しい引っ越し作業に追われていたんだ(;>_<;)



憶えているのは…


病院でインフルエンザということがわかった。

本人がタミフルを拒否したので

とにかく水分取らせて寝かせておくしかない。

高熱でボ~ッとしてる長男を心配しつつも

翌日の引っ越しは全くあてにできないわけで…

一番の働き手を失いパニック状態(@_@;)


それに長男にとっては

自分の中でそっとみんなにお別れをする

大切な日になるはずだったなのに…

そんなこと言ってられないくらい

39度代の高熱で朦朧としている長男。

さすがにかわいそうだった。


さて、どうする?


娘たちと話し合った。

旧居は出なきゃいけないけど

熱が下がるまで実家にいるか???

それとも予定通り新居に移るか???


結果、

長女の連休がそのときだけしかないし

実家にいても私がこんな状態で長男が寝込んでるとなると

母の負担がますます増える。

今、母に再び倒れられたら…

(このとき父はまだ入院中)


で、車で1時間半ほどだし

長男にはちょっとしんどい思いさせるけど

がんばって移動しよう

ということになった。


そして、3月25日。

実家に残る三女と母に見送られ

長女の車で私と長男は出発=3


さすがにちょっとうるっときそうになったけど

長男の熱は下がってないし

自分の体も辛いしで

思ったほどしんみりできなかった。


新居ではすでに二女が1泊していたので

二女のベッドには布団があってすぐ横になれる。

到着するとすぐに長男を二女のベッドに寝かせ

私はベッドの反対側から足を入れ横になった。

1つのベッドに病人2人。

窮屈だけどそんなこと言ってられないくらいしんどかった(;>_<;)


その後、長男はわりと早くに回復したけれど

外出は控えなければいけなかったし

高熱で食事ができてなかったので体力が落ち

数日間は私と一緒に

家具とダンボールとゴミに埋もれながらの引きこもり状態。

私はまたクリノリルを飲みながら

少しずつ物を動かし片付けた。


長男「オレ、保健室行ったまんま教室帰らんかった(--; 

    そのまま転校したんじゃけ、伝説になりそ~」


広島ブログ


つづく。。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析