FC2ブログ

2016/031234567891011121314151617181920212223242526272829302016/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに入院してきたので、備忘録

 

 

前のブログには

 

3回めの頚椎椎間関節ブロックと10回めのトリガー入院 まで

 

ことしか書いてなかったんだけど

 

 

一昨年(2014年)6月、7ヶ月ぶりに

 

4回めの頚椎椎間関節ブロックと11回めのトリガー入院をしたので

 

今回は1年10ヶ月ぶりの

 

5回めの頚椎椎間関節ブロックと12回めのトリガー入院

 

 

相変わらず外来へは週一で通っている。

 

 

3月に新しい機械が入り

 

古株患者の洗い直しということで

 

外来でMRI検査をされた。

 

 

9年前にRIシンチ検査を受けて

 

脳脊髄液の漏れは塞がったとされていたけれど

 

結果はすごく微妙だったらしく

 

鮮明に映っているのに

 

主治医にも判断がしづらいモヤモヤ状のものがあり

 

ブラッドパッチ(硬膜外自家血注入)をするほど確かなものではないので

 

持続点滴をして様子をみようと言われ

 

入院が決まった。

 

 

持続点滴は

 

ブラッドパッチをする前に3日間連続で

 

脊髄に点滴を少量ずつ入れる。

 

 

私がブラッドパッチを受けた9~10年前には

 

まだやってなかったので

 

病友さんたちがやってるのはたくさん見てきたけど

 

自分がするのは初めてだ。

 

 

針はスムーズに入ったものの

 

エアパッチのように

 

背中に甲羅ができたみたいに苦しくて苦しくて

 

結果、私には効果がないことがわかった。

 

 

真性多血症で飲み続けている薬が影響したのか

 

針を刺した箇所から微量の出血が止まらないことも問題になった。

 

 

その後、

 

前回まで受けていた

 

頚椎椎間関節ブロックと

 

普段は外来で受けているトリガーポイント注射

 

という治療に切り替わり

 

当初は4~7日と言われていた入院期間が

 

結局14日間にもなってしまったのだ。

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。