FC2ブログ

2012/051234567891011121314151617181920212223242526272829302012/07

6月7日(木)

外来でエアパッチ(硬膜外空気注入)を受けた。


事前の説明では、

ブラッドパッチ(硬膜外自家血注入療法)と同じやり方で

背中から空気を入れ

外来で横になったまま休んでから帰宅する

ということだった。


ブラッドパッチ=BPを

入院して施術してもらったのは

脳脊髄液減少症のありとあらゆる症状が一番酷かった

2006年と2007年の2回

参照↓
ブログ別館
『こなきじじいを背負って・・・』
~脳脊髄液減少症の記録~


「1回めのブラッドパッチ」

「2回めのブラッドパッチ」


寝たきりの状態で

ケータイを少しずつ打って

綴っている文章だけど

こうやってみたら細かく記録しとるんよね。

記憶力も思考力も理解力もかなり衰えてたのに

残しておこうと必死だったんだろうなぁ…


今でも当時のことはほとんど思い出せないので

過去の記録は貴重だ。


で、BPがどうったったかなんて

考えても仕方ないので…


やれるもんは何でもやっとくれ~~!!(T◇T)

っていう気持ち。


辛い治療??

ん~どうかなぁ??


全国的にどれくらいの施術例があるのか

結果がどうなのかはよくわからない。

ネットで調べてもあまり出てこないから

まだ少ないのかな。


私の主治医、

脳脊髄液減少症の診断・治療においては

国内でも確かな腕を持たれているそうだけど

エアパッチを始めたのはわりと最近なんだって。


医「進歩はしてますからね~」って(^^)


もちろん、

今より悪い状態になっちゃ困るけど

寝たきりからここまで回復したんだから

先生に任せよう!


子育てもほぼ終わったことだし

新しい技術で

今より少しでも良くなるんなら


施術してもらって

データのひとつとして

後の患者さんたちの役に立てるのなら


私は喜んで医学の進歩のため

モルモットになるわ(。・ω・。)


よっしゃ、かかって来い!!


な~んて、ちょっとおおげさか…(;^^A


でもまぁ、そんな感覚で受けた。



横向きに寝て足を抱え込むようにして丸め

まず背中に麻酔を打たれた。


そのままの状態で

硬膜外空気注入(エアパッチ)をされた。


BPのときは

物々しい機械がある部屋で

うつぶせになって

手に管を入れられそこから血を抜かれて

それを使って…

かなりしんどい感じだったような記憶が

ぼんやりとだけ…( ̄_ ̄~


あれを思えばわりと楽

…だとは思ったけど

背中から腰にかけて圧迫感が出始め

それから腰の方にかけて

陣痛のような痛みが(><;)


でもまぁ、こんなもんしれとるわぁ~


終わったら横になったままそっとうつぶせになり

30分間安静


安静時間が終わって起き上がって

しばらく椅子で休みながら会計待ち


背中と腰が

内側から膨らんでくるような

ものすごい圧迫感(×。×;

頭痛も出てきた(>_<;)


こんなんで帰宅するん!?(T△T)


長女が車で連れて行ってくれたんだけど

帰りの車内では

背中と腰が悲鳴上げて

しんどくてしんどくて…(;>_<;)


2回めがあるとしたら

1泊でもいいから入院させてもらわなきゃ

移動が辛すぎて無理じゃわぁ~(T_T)


施術翌日の昨日はまだくたばってた。。。(o_ _)o


けど、今日はちょっと調子イイかな(^-^)


もちろん、完全に痛みやその他の症状が

なくなったわけではないんだけど

しばらく様子をみるということなので

新しい一歩にはなったのかもしれない。


広島ブログ
  1. 無料アクセス解析