FC2ブログ

2012/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/04

一昨日の夕方、退院して無事帰宅。


胸郭出口症候群の入院治療は

昨年6月・9月・12月に続き、今回で4度め。

10ヶ所以上、痛ぁ~~い注射をされ

辛くて苦しい副作用に耐える

それを毎日くり返す。


頭・顔・顎・首・肩・胸の

痛みや引きつり、痺れなどの症状が

まだ残ってはいるけれど

1年前を思うとずいぶん楽になった。


以前書いたように

私がお世話になっているのは

脳外科だけでなく他の科との混合病棟なので

診療科毎の患者の人数もその時々で違う。


今回は

脳脊髄液減少症の人

胸郭出口症候群の人

私と同じでどちらも患っている人

という脳外科の患者が多く

しかも同じ40代の女性が数人いたので

体調の良いときには

デイルームへ集まって女子会(笑)


痛みや辛さを吹き飛ばすかのように

みんなでおしゃべりを楽しんだ(^-^)


疲れたり具合悪くなったりしたら

遠慮なく席を外してベッドに戻ればいいし

そこはお互いよく分かり合っている患者同士

気兼ねがなく心から楽しめた。


同じ40代とは言ってももちろん

生きてきた環境も価値観もそれぞれ違うし

病院じゃなきゃ出会うこともなかったワケで…


でも、病の辛さは一番共感できる

明るくて楽しくて優しい「同志」のような関係。


退院して自宅に戻れば

またひとりぼっちの療養生活。

ここぞとばかりに

みんな、しゃべるしゃべる(>▽<)


他の部屋には重症の脳脊髄液減少症で

寝たきりの人もいると聞いた。

数年前の私のように…。


でも、大丈夫。

今は辛いけど

少しずつ…少しずつ、良くなるからね。


そう言ってあげたかったけど

他の部屋に押しかけてまで私が言うのは

おこがましいような気がしたので

遠慮しておいた。

他の科の重症患者さんもいるし。


同室になった他の科の患者さんとは

仲良くなっておしゃべりしたり


以前の入院で出会った患者さんとの

切ない再会もあったり…


なんだか内容が盛りだくさんの入院生活だった。


広島ブログ


少しずつ…

少しずつ

前進中(^^)v
  1. 無料アクセス解析