FC2ブログ

2011/081234567891011121314151617181920212223242526272829302011/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜のツイなまはつかいちで

子連れおでかけ情報の話題があって

わが家の遠い日々を思い出した( ̄▽ ̄~)


お金ないからランチ代だけ持って

車に子ども4人乗せて

母子5人であっちこっち行った=3=3


ランチ代もないときはお弁当作って

無料で入れる大きい公園とか行った=3=3


土師ダムとか

みよし公園とか

仙養ヶ原とか

休暇村とか

・・・だったかな??(き、き、記憶がぁ~)


幼児園の遠足でもあっちこっち行った

安佐動物公園

ニュージーランド村

備北丘陵公園

・・・他にもいっぱいありすぎる。


生協の行事でもあっちこっち行った

安芸高田で田植え・稲刈り体験

世羅でアイガモを田んぼに入れたり

高野や七塚原では乳搾りやバーベキュー

こんにゃく工場見学

れんこん掘り

オタフクソースでお好み焼き作り

・・・思い出がいっぱい!


遊園地(今はテーマパークって言うの?)や

キャラクターショーや

映画は

お金がかかるので

連れて行けないし

私も子どもたちもほとんど興味がなかった。


お金をかけなくても

幼児園の遠足も生協の行事も

家族で参加できて

費用がとても安いし

気の合う仲間と楽しく過ごしながら

いろいろ学ぶこともできて

とても楽しい日々だったなぁ。。。



あ、そうそう

新幹線乗るお金はないけど

末っ子長男に見せてやろうって思いついて

福山駅で入場券買って新幹線ホームに行って

見せてやったこともある。


のぞみが目の前を


ビュンッッッ=3=3=3


一瞬で通り過ぎると

当時5歳の長男


「オレ、あれがいい!」


可愛かったなぁ。。。


広島ブログ
スポンサーサイト
去年の終わりか今年の初めくらいからかな、

胸郭出口症候群の症状が極端に酷くなった。


頭・顔・首・肩・胸の

強い痛みと引きつりと痺れで

酷いときには目も開けてられないくらい

いつものメガネでさえすごくきつく痛く感じるくらい

大きな手で顔をおもいっきり握りつぶされてるような

首を絞められ呼吸が苦しくなるような

目や歯や肩が体から落ちる錯覚を起こしそうな

そんな強い症状が続いた。


毎月、外来で主治医の診察を受けているので

症状はきちんと報告。

その経過から入院治療を勧められた。


私の場合は手術するほどではなく

外来ではできない強い注射を

2週間毎日することで

神経の緊張を緩ませ

それを数回繰り返すことで

全体の症状がやわらぐ

・・・というような説明だったと思う。

( ↑記憶が怪しい(;^^A )



ということで

6月に1回めの入院

毎日首や肩の症状が強い部分

8~10ヶ所に注射を打たれる。

直後1時間はベッドで横になって安静。

強い薬なので

打たれたヶ所や腕が一時的に麻痺し

5~6時間動かなくなる。


それを毎日やるので

間の時間もめまいやふらつきが多くなり

痺れが抜け切らなかったりする。


1回めの入院後

症状は入院前よりはマシになった。

でも、良くなったという言葉があてはなるほどではなく

目はだいぶ開けられるようになったけど

やはり痛みや引きつりや痺れに悩まされた。


2回めの入院は9月1日からだった。

注射は1回めのときと同じだけど

位置を少しずらされたので

腕の麻痺は少なかった。

一時的ではあるけれど

日によっては頭や顔や喉が麻痺することもあった。

それだけ効いているということなので

その時間はおとなしく過ごすしかない。


2回めの入院を終えた今は

やはりまた少し前進できたような感じ。

痛みと引きつりは入院前より軽くなり

痺れは荒く大きくなった気がする。

前は細かく小さい気持ち悪い痺れが長く続いてたから

これは進歩のようだ。


事故から8年過ぎて

やっとここまで・・・って感じかな。


病室にいると

5年前の入院のこととか

いろいろ思い出すこともあって

ちょっと感慨深いものがあった。


だって、ほとんど寝たきりだったんだよ。

看護師さんを振り切って

トイレだけはふらふらしながら壁伝いに通ってたけど…


例えて言うなら


『酷い二日酔いの状態で大きな男の人を背負っているような感じ』


経験したことのない人に説明するとしたら

こんな言葉しかみつからない。

でも、本当は表現しきれないくらいめちゃめちゃ辛かった。


2回のBP治療で脳脊髄液の漏れをふさいでもらい

その後、5年かけて

ゆっくりゆっくり少しずつ回復


今では

主治医のセンセー、

看護師さん、看護助手さん、

病棟で仲良くなった人たちと


起きて座って喋ることができる


痛みを抱えながらも笑って話すことができる


それが本当に幸せで幸せで

あの頃を思い出すと

涙があふれるくらい嬉しい。



今回も病棟には

いろんなドラマがあった。


人間ってすごいよね。

生きてるってあたりまえのことじゃないんよね。


お世話になっている病院スタッフの方々に、

支えてくれる家族、友人たちに、

心から感謝、感謝。。。


これからも

先は長いかもしれないけれど

少しずつでも

今より回復できたらいいなと思う。




広島ブログ


お待たせしました。

ブログ復活しま~す(^-^)



illust340_thumb.gif



*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*








ひとり


お嫁に行きました













私じゃないよ w(^▽^;







実娘でもないよ







昨秋から一緒に暮らしていた

わが家の里子




昨年10月1日のの記事 「それぞれの秋」



プロフィールには一時期


長女

二女

三女(里子)

四女(実三女)

末っ子長男



と、家族構成を表記しておりましたが


9月1日からは


長女

二女

三女(実三女ね)

末っ子長男




という

元の5人家族になりました。

(表記はしてないけど)



その日


私は

胸郭出口症候群の症状緩和治療で

今年2回目の入院


三女(実三女←ややこしいなぁ~笑)は

新しい仕事に就き初出勤



今年もあれやこれやと変化があって

家族それぞれの秋を迎えました。



私は相変わらず

体は辛いけど心は元気!


症状のこととかいろいろ

記録がてら書きたいので

少しずつ

ブログ更新していきます。


体調に合わせて

マイペースで。。。




広島ブログ



  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。