FC2ブログ

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

午後から事態急変

先程無事解決


しゃべくりじいさん

あれこれ用事があって

しばらくこっちのデイサービス休んで

実家へ滞在

地元の福祉サービス受ける


ひとまず

ホッ。。。


広島ブログ


ホッとしたら一気に疲れが出た。。。>┼○ バタッ
本日午後3時から

明日午後1時まで

わが家にしゃべくり警報


お子たち、自宅にいる時間は

別室に避難する模様

ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

ε=┏(; ̄▽ ̄)┛


母を置いて行くのね。。。(Тωヽ)


広島ブログ


明日は

しゃべくり攻撃を受けた直後に

高次脳機能障害の検査行ってきます

大丈夫か???私。。。>┼○ バタッ
父のしゃべくりじいさん状態は

私の弱った脳みそには本当にしんどくて

うちにいるときは私のそばで

実家に行ってるときは電話してきて

しゃべくり攻撃を続ける


元気な頃から少々(?)クセはあるけれど

基本的には

優しく賢い人間なんよ。


だから、

酷く怒るわけでもなく

もちろん

暴力をふるうなんてこともないので

体格良くて体力あっても

私を殴り殺すことはない。


が、しかし


最近思う。


喋り殺されるんじゃないかと…



内容は多分

良いことを言いようるんだと思う。


だけど

内容云々じゃなくて

このしゃべくりには

ホンマ付き合いきれん


どんどん生気を吸い取られてく気がする


父のこのパワーは何なんだ


きっと

父がしゃべくるのをやめるときは

死ぬときなんだろうなぁ



広島ブログ



マグロかよ
わが家のリビングに置いてあるテレビは

長女が就職するときに某家電量販店で買った

当時一番安かった地デジ対応型。


このテレビ、まだ2年とちょっとしか働いとらんくせに

最近ときどきストライキを起こす。

ま、安もんだからしょうがないんかもしれんけど…

いきなり画面と音声がストップするんよ。

で、電源切ってコンセント抜いて

もっかいさして電源入れたら元に戻る。

(斜め45度から叩く必要はない)


で、今朝の話

また突然ストライキを起こしたので


私「あ~また止まった。安もんじゃけしょうがないわぁ。」


父「まぁ(安いいうのは)それだけのもんよ。」


私「昔の電化製品の方が長うもったよなぁ。」


父「そりゃあ物がしっかりしとるけぇのぅ。」


私「前の冷蔵庫もレンジも6年ぐらいじゃったけど、

  その前のは15年ぐらいもったけぇな。」


父「何でもそがぁなよ。」


私「人間もそうかもしれん。今の年寄りは元気なけぇ私らとは全然違う。」


父「ほうで。わしは子どもんときから働いて体がしっかりしとるけぇのぅ。」


私「お母ちゃんがよう言いよった。

  ばあちゃんにさんざん振り回されて

  『私の方が先に逝く(--;』

  ホンマにそうなったけぇなぁ。

  私も父ちゃんのせいで先に逝きそうなわ。」

(父方のばあちゃん=父の養母2は現在90歳。高齢者施設にいる。)


父「ほうよ、今頃のもんは楽ぅしとるんじゃけ、よいよつまりゃあせん。

  わしの方が残る。



ちょっと待てぇ!


いつもいつも深く重く難しいことばっかりしゃべくりまわして

私の脳みそを疲労困憊状態にさせといて

滅多にない何気ない会話のオチで

私が冗談で言ったことに対して

なんじゃその答えはぁ!?


残るな~!

先に逝け~!!


じゃなきゃ、うちの子どもらが困るじゃん。。。\(--;
  

前からプロフィールにも書いとるけど

私が『どうしてもこれだけは譲れないもの』は

年の順に死ぬことなんよ。


お母ちゃんだってお父ちゃん残して死んだんは無責任じゃと思うけど

(母方の)ばあちゃん死んで、じいちゃん死んで、それからじゃったけぇね。

1年の間に3人も見送るんはさすがに辛かったけど

お母ちゃんはちゃんと親が逝くのを待って順番守ったんじゃけぇね。


広島ブログ


お母ちゃ~んっ!

早う、お父ちゃん迎えに来て~!


そしたら次は私ね。


あ、ちょっと待ってよ。


娘らの花嫁姿見たいし

孫の顔見たいし

末っ子長男が自立するの見届けたいし…


あ、それから

もっと頭や体回復したいし

おいしいものいろいろ食べたいし

友だちとおしゃべりしたいし


あ、そうじゃ

お嫁にも行きたいわぁ~(^∀^)


ん~

まだまだやりたいこといっぱいあるけぇね

もうしばらく待ってや。
今日も朝からしゃべくりまわす父(--;


朝食を終え

家事の合間に横になって休んでいる私のそばで


父「わしにはわかっとるんで。じゃがおまえらはよいよわかっとらんけぇのぅ。」


機嫌が悪いワケではない。

いつもの調子。

わりと穏やかに話す。


今話を進めている施設のこととか

今後の生活のこととか

世の中への不満とか…


前にも何回も聞いたことを

たらたらと、

うだうだと、

くどくどと…


話の途中だけど

私「ハミガキして顔洗って着替えにゃ。迎えに来てで。」

父「よっしゃ、トイレへ行かにゃあいけん。」


私、すでにグッタリ。。。ミ(o_ _)o

(その間、ケータイからツイッターで愚痴る)


デイサービスに行く準備を終えた父

またしゃべくりはじめる。


父「ほいじゃけぇのぅ、わしゃあはぁ何も言わんけぇのうぅ。

  おまえは体が悪いんじゃけ

  できる範囲のことだけやって

  気を楽ぅにしとけよ。

  わしのこたぁ考えんでもええけぇ。」


父は優しい。

一応ね。


じゃけど、

その言葉聞くの何回めじゃ~っ!?


そしてまたしゃべくりまわす(×_×;)


「じゃけぇのぅ、どういうことかいうたらのぅ…」


長くなる(--;


父「じゃけぇ、気を楽ぅに持てよ。」


私「だったら、しゃべるなぁ~!(T▽T)」


父「ほうよ、もう言わんけぇのぅ。じゃけぇのぅ…」


だから、黙れってばよ~(T▽T)

頼むから脳みそ休ませてくれ~~~っっっ!!!(;>_<;)



ピンポ~ンッ♪



おっ、天の助け!



私「ほら、迎えに来ちゃったで。」


父「おう、行ってくるで。」



広島ブログ



デイサービスの

職員さん方

お仲間のみなさん

いつもしゃべくりじいさんの話し相手をしていただいて

感謝感謝ですぅ。。。(⊃_;)
体中ジンジンズキズキビリビリ(;>_<;)

特に右半身の痺れが酷くて

左手で


今朝もしゃべくりじいさん攻撃をくらう

しゃべくりじいさん機嫌は良い。

が、私は痛みと痺れで辛い。

「頼むけ、黙って。ちょっと休ませて。」



あ゛~~~~~っっっっっ


しゃべくりじいさんに【返品不可】って貼りつけて

NYへ送りた~~~いっっっ

(⌒0⌒)/~~
“私”が何者なのか、どこにいるのか

わからなくなってしまった


今朝も起きてから、また父が話しはじめた。


「わしらぁ男で話しおうてやるけぇのぅ、女はわかっとらんけぇ。

 そう言うてあれらぁ(弟たち)とも話しをしたしのぅ

 『もう姉ちゃんには何も言うな。話してもわからんのじゃけ。』言うて

 そがあな話までしとるんじゃけぇ。」 


※しゃべくりじいさん語 解説

 男=父・NYの弟・東京の弟  女=私・長女  ちなみに、子ども=二女・三女・長男



そう言ってその説明をするのに40分しゃべり続ける \(--;


弟たちが父にそう言ってくれたのは

私が何度も愚痴&救助要請メールを送ったからなんだけどね。


そしてその後も結局

午後1時過ぎまで延々と語り続けたしゃべくりじいさん。。。


只今、グーグーお昼寝中Zzzz

やっとPCやってる私。


そう、私は“私”なんだけど

こうやってブログ書いてても

mixi日記書いてても

子どもたちと話すときも

お友だちがランチに連れ出してくれるときも…

結局はしゃべくりじいさんの話になってしまう。


“私”はどこよ~!?


広島ブログ


自分探しの旅に出にゃいけんよねぇ


みつけてもすぐに忘れそうじゃけど。。。(T▽T)
昨日は一騒動あって(いや二騒動か?三騒動か???)

しゃべくりじいさんに号泣させられ

涙ポロポロ息はヒクヒク。。・゜(T△T)゜・。。


そこへケアマネさんやってきて

父がいつも以上にくどくどと説教をはじめ(´Д`;)


別にね、私やケアマネさんを責めているワケじゃないんよ。

そりゃわかっとるんじゃけど

行政が悪いだの、今の世の中がようにおかしゅうなっとるだの、

みんな考えが足りんだの…


内容はまぁ、おっしゃるとおりで…って感じなんだけど

ケアマネさんにはちんぷんかんぷん(?。?;)


娘の私でさえこの弱りきったおバカ頭では理解不能なことがほとんど\(--;


叱られているわけではないんだけど

すべての面において思うようにできないことや

父の話が理解できないこと

自分の頭・体がこういう状態であることが情けなくて涙になる。


やっとの思いでそれを説明したらようやくわかったらしく


父「そりゃあそこまでたあ思わんかった。すまんのう。

  じゃけぇ、わしがここへおっちゃあいけまあが。

  あんたぁますますやれんようになるぞ。」


私「もうなっとる。」


一緒に暮らして4ヶ月近く

私の頭と体の状態、子どもたちの生活は

そばで見てきてよくわかったと言ってた父だけど


そうは言っても

昔(40数年前)の大きな脳出血+去年の脳梗塞

しゃべくりまわして体は元気だけれど

脳みそは劣っているわけで…


脳脊髄液減少症患者が脳梗塞患者を看るのもぼちぼち限界。


すでに施設は1ヶ所申し込んで空きが出るのを待機中。


その間入れる条件に合いそうな施設がみつかったので

近々話を煮詰めて

父が納得すれば入所させることになった。


しゃべくりじいさんが昔話するときは

私のルーツを聞けるからおもしろいんじゃけどねぇ…


世の中がどうの、政治がどうの…って話を

何時間も聞かされ続けると

さすがにギブアップ(><)


広島ブログ


人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

涙の後には虹も出る~♪



↑昔の(東野さんや西村さんの頃)がよかったのに探したけどなかった
前から書こうと思っては忘れ、思い出してはまた忘れ…

毎日目にすることだから記録しておこうと思ってたのに

まだブログにもmixi日記にも書いてなかったわ(^^;



このアパートに父を引き取ってすぐの

今年2月のある日のこと


私は右手首に火傷を負ってしまった(T_T)


毎日何時間も父のしゃべくりに付き合ううち

私の脳みそはどんどん疲労困憊していき

そんな状態でもなんとか夕飯の支度はしなきゃと

その日も台所に立っていた。


朦朧としながら

生協で買った魚の切り身をフライパンで焼いていて

菜箸を手に1切れずつひっくり返していたとき

突然手の力が抜けて

フライパンの淵に右手首の内側が思いっきり当たってしまった(×_×;)


でも、意識朦朧としてるから

「熱いっ」とか、「痛いっ」とか、

そういう意識はなく

声も全然出なくて…


ボケボケしたまま

(冷やさなきゃなぁ)とか一応考えて


↑ここまでに何秒か時間かかったと思う。


水道水を流して患部を冷やしながら

(あ、魚が焦げるわぁ…)

↑ここでもまだボケボケ( ̄。 ̄~)


で、仕事から帰ってきたばかりの長女に

「火傷したぁ~魚焼くの代わって~」

って、ボケボケでだるだるな声で言った気がする。


長女、ナース姿のまま台所へすっ飛んで来て代わってくれた。



ってなことがあって

火傷って時間立つとヒリヒリズキズキ痛くなるんだけど

もちろん、痛いんよ。

赤く腫れてズキズキするんよ。


でも、脳脊髄液減少症の症状の方がずっと深刻だから

そんなんどうでもよくて…


そんなことより静かに休みたい~~~っ!

って、思ったのを覚えてる。


それからしばらくは痕がくっきりはっきり残って

なんかねぇ、まるでリストカットしたみたいに

右手首の裏側に濃くて太い横線が入っちゃって… w(・。・;


でも、私、左利きじゃないし

リスカなんかしないし…

とか、ボケボケ頭で考えたりなんかしてた。



それから3ヶ月以上経った今

痕は残ってるけど思ってたより小さく薄くなったからよかったわ(^^;


私の脳みそはすっかり疲れ果てているので

最近は炊事ができない。

ほとんど二女がやってくれてる。

でも、後片付けをなかなかしない(--;


それでも私は体が辛いので

毎朝洗濯だけなんとかやっていて

他はほとんど横になって過ごしている。


でもまぁ、ここ数日は

こうやって起き上がって

パソコンで遊んだりすることもできるようになったので

少しずつ回復はしてるみたい。


あ、父がデイサービス行ったり

時々数日間一人で実家へ帰ったりして

負担が減ったからかなぁ…(^^;


そろそろ、炊事も復活できるかも~♪


広島ブログ


今後は火傷しないよう気をつけます。。。
しゃべくりじいさん今日はデイサービス。

出かけてくれたらホッとするわ~♪



昨日夕方の話

仕事から帰った長女が近所の本屋へ出かけるという。


長女「何かいるもんある?」

私「ん・・・彼氏。または財布付運転手。」

長女「ん。○○(近所のスーパー)で売ってたら買ってくるよ。」


そしたらそばにいた父が私に向かって

「わかった!

 わしとおまえに必要なんは 、『オトコ』じゃ。」



私「・・・( ̄▽ ̄;)」


長女「孫としてはそういう言葉は聞きたくなかった。」


キッチンで調理中の二女「はっ?何て言ったん!?」


長女「聞かない方がいい。」



もちろん、長女の冗談は父→私譲りなのだが

父は言語障害で

小難しいことはベラベラしゃべくりまわすくせに

簡単な単語が出てこない。


昨日のはつまり

『配偶者(またはパートナー)』

と、言いたかったわけで

父の趣味が変わった

という ワケではない。。。念のため(;^^A


広島ブログ
  1. 無料アクセス解析